グループ紹介

「グループの概要」

知的画像処理グループは、教員1人と大学院生、学類生で活動しています(メンバー紹介)。

各自が自身のペースで研究を進めますが、研究内容をグループ内で共有するため、週に1回程度の「研究報告/英語論文輪講」という活動を行っています。

「研究報告」 毎週1回(1人につき30分程度)

簡単なハンドアウトを配布し、それをもとに解説します。1週間の研究で何を行ったか、 現在抱えている問題点などを話し、次週までに何をするかを具体的に説明します。

「英語論文輪講」年3回程度、1時間程度

各人、学期に1回程度、英語論文の内容の解説を行い、指導教員や他の学生は、解説内容に質問したり 意見を述べたりします。

解説を行う論文は、自身の研究に関連が深い論文を自由に選択します。研究を行う上で、 先行する海外の論文調査は必要不可欠ですが、研究の経験が浅い場合、論文の解釈に悩む事が多々あります。 英語論文輪講は、そのような悩みを解決する場でもあります。

学類生の場合、英語論文輪講が専門語学(3単位)を兼ねています。

年間予定表

4月

  • 新入生歓迎会(懇親会)

5月

6月

7月

  • 大学院推薦入試

8月

  • 大学院一般入試

9月

10月

11月

  • 同窓会

12月

  • 研究室紹介
  • 忘年会

1月

  • 研究室紹介
  • 博士論文発表

2月

  • 修士論文発表
  • 卒業論文発表

3月